(Liothytomel)25mcg

筋トレ界で話題の“アナボリック”でマッチョを確保!


■筋肉補強は我らのネタだ。

スマートな曲線がすばらしい!筋肉があったほうが眩しい!
うまれつき、思う存分こうしたプレッシャーにさらされながら生きてきました(笑)。

世を支配するこういう必須モラル!
脂肪がつき難く、ぱっぱと筋肉補強やれる輩には、まったく問題ないのでしょうけど、
自身にとっては、暮らしにおける大きな障害となっていつも立ちはだかってきたのです。息苦しいほどに…。

従って、筋肉補強のためにそれこそいっぱい試してきました。
走ったり、筋トレしたり、たんぱく質しか摂らなかったり…。
その長年の事例といった勉強の結果、仲間だけわかったことがあります。
それは、「結果が出るのにえらい時刻がかかり、増強した筋肉が落ちるのはとき」という考え的対談(笑)。

あれ?なんか変だな。
一段とシレッとした形相で、筋肉補強やる輩はいっぱいいるのに、なんで私だけ貧弱のか?

こういう長年のヒアリングに、何とか痺れを切らした自身は、その人(筋肉補強永続のお兄さん)に進出で聞いてみたのです。
そうして、その筋肉補強法を実践してみようと思っています。
今回は、その地点をこういうインターネットブログに残そうとして、筆をとりました。

さて、結果からお伝えします。

■筋肉補強法、その応答は「アナボリックを制す!」

アナボリック??????? 
聴きなれない語学ですよね。
私も?でした。そこで受け売りですが、書いておきます。

「アナボリック」は?
—————————————————-
筋肉機構などの内臓たんぱく質合成の開設や、
赤血球形成開設アクションのあるたんぱく同化アクションの事柄。
貧血のチェンジやカルシウムの排出を燃やす働きがある以外、
筋肉倍加を導くことから、アナボリックステロイドなど
筋肉補強剤として世界中で使用されている。
—————————————————-

それほど、アナボリックは筋肉補強をもたらすアクションに関して、
殊にアナボリックステロイド(筋肉補強剤)は、
マッチョの世界ではメジャーなyesなんだとか。

も、気になるのは、最も反応ですよね。
お兄さんいわく、確かに反応はあるけれども、
それをサポートする施術剤(クロミッドなど)をしっかり併用すれば、あんまり大きなトラブルはないらしきのです。

また、物についても、先発品ではなく同素材の真似アイテムが良いとのこと。
そこで、私も可愛らしくわからなかったので、注目の勢揃いにあたって教えていただきました。

■注目の筋肉補強!アナボリックステロイド!

●オキシポロン(先発アイテムアナドロール)
組立て素材は「オキシメトロン」、反応の夫人化が少なく男性におすすめとのこと。

●メダナボル(先発アイテムダイアナボル)
組立て素材は「メタンジエノン」、世界でやはり人望があり皆に愛用されているらしい。旦那仕様。

●アナドリン(先発アイテムアナバー)
組立て素材は「オキサンドロロン」、反応の確率が小さく、初心者や女性の方におすすめ。

●ウィンゾロン(先発アイテムウインストロル)
組立て素材は「スタノゾロール」、アンドロゲン(旦那化)アクションが低く女性の方に向いているらしき。

また、ステロイドに抵抗がある輩は、
ステロイドを含まない“非ステロイド薬”もあるとのこと。

■非ステロイド薬でアナボリックを協力!

●スピロテロール
組立て素材は「クレンブテロール塩酸塩気」、筋肉を維持したままで脂肪を落としてくれるらしき。

●リオサイトメル
組立て素材は「リオチロニンナトリウム」、入れ替わりを高めてもらえるらしき。

その他、「ファーミアマッスル」や「アナバー」といったサプリで印象をみても良いとおっしゃっていました。

お兄さん、ありがとう!

ここまで教えていただければ、あとは敢行生じるのみ。
アナボリックを制して、筋肉補強の進路へゴー!


今から、どうなるかはたして楽しみです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です