(Anadrin)10mg

筋肉補強の決定版!有名なアナボリックステロイド同材料のグッズが誕生。


■筋肉補強は者の狙いだ。

スマートなセオリーがよろしい!筋肉があったほうがまぶしい!
うまれつき、ますますそんな負担にさらされながら生きて来ました。(笑)

一般を支配するこういう無理強い徳義心!
脂肪がつきがたく、パッと筋肉補強もらえるヒトには、まったく問題ないのでしょうけど、
ボクにとっては、生涯における大きな塀となってずっと立ちはだかってきたのです。息苦しいほどに…。

従って、筋肉補強のためにそれこそダラダラ試してきました。
走ったり、筋トレしたり、たんぱく質しか摂らなかったり…。
その長年のトライと分析の結果、一部分だけわかったことがあります。
それは、「結果が出るのにえらい日にちがかかり、増強した筋肉が落ちるのはとき。」という考え方的講話(笑)。

あれ?なんか変だな。
ずっとシレッとした顔で、筋肉補強やるヒトはいっぱいいるのに、なんで私だけ貧弱のか?

こういう長年の疑問に、やっと無感覚を切らしたボクは、その人(筋肉補強キープのお兄さん)に突入で聞いてみたのです。
そうして、その筋肉補強法を実践してみようと思っています。
今回は、その地区をこういうインターネットブログに残そうとして、筆をとりました。

さて、結果からお伝えします。

■筋肉補強法、その解答は「アナボリックステロイド」。

アナボリックステロイド??????? 
私も?でした。なので受け売りですが、書いておきます。

「アナボリックステロイド」は?
—————————————————-
筋肉組合などの器官たんぱく質組み合わせの推進や、
赤血球生成推進感化のあるたんぱく同化薬の仕打ち。
貧血の立て直しやカルシウムの排泄を燃やす働きがある他、
筋肉補強剤として世界中で使用されてある。
—————————————————-

それほど、「アナボリックステロイド」は、筋肉補強剤のことなのです。

そのお兄さんいわく、筋肉補強剤という名称に抵抗があるヒトは、
非ステロイド系の筋力プラス系グッズ「ファーミアマッスル」や「アナバー」といった栄養剤で印象をみても良いとおっしゃっていました。
しかしながら、経験上、やっぱり「アナボリックステロイド」が筋肉補強には一番のバックアップとのこと。

も、気になるのは、やはり副作用ですよね。
そのことを聞いてみると、確かに副作用はあるけれども、
それをサポートする接待剤(クロミッドなど)を思う存分併用すれば、必ずしも大きなトラブルはないらしきのです。

また、グッズについても、先発品ではなく同材料の後手品が良いとのこと。
なので、私もすばらしくわからなかったので、最新のバリエーションに関しまして教えていただきました。

■注目の筋肉補強!アナボリックステロイド新商品!

●オキシポロン(先発品アナドロール)
合体材料は「オキシメトロン」、副作用の奥様化が低く男性にバックアップとのこと。

●メダナボル(先発品ダイアナボル)
合体材料は「メタンジエノン」、世界で断然有名があり皆に愛用されているらしい。男性対象。

●アナドリン(先発品アナバー)
合体材料は「オキサンドロロン」、副作用の公算が安く、門外漢や女性の方にバックアップ。

●ウィンゾロン(先発品ウインストロル)
合体材料は「スタノゾロール」、アンドロゲン(男性化)感化が短く女性の方に向いているらしき。

お兄様、有難う!


ここまで教えていただければあとは応用起こるのみです。
上記の4材料から最適なものを選び、あとは接待剤を併用して、筋肉補強にチャレンジ!
最近から、どうなるかちゃんと楽しみです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です